同志社女子中学校・高等学校

ペンテコステ礼拝

2021/05/26お知らせ

5月23日(日)はペンテコステ(聖霊降臨日)でした。本校では5月21日にペンテコステ礼拝を守りました。ペンテコステとは、イエス・キリストが復活されたイースターから数えて50日目を記念する日で、五旬祭とも呼ばれています。聖書によれば、この日イエスの弟子たちが祈っていると、聖霊に満たされ力づけられ、その後大きな喜びをもってイエス・キリストのことを述べ伝えはじめるようになりました。ペンテコステは、今日までつながるキリスト教会誕生の記念日ということができます。

ペンテコステ礼拝に、同志社中学校・高等学校聖書科の桜井希先生をお招きし、「与える幸せ」という奨励題でお話しをしていただきました。先生は中学校の授業での実体験を通して「ひとを思いやる気持ちが持てるようになること」の大切さを語られました。コロナウイルスの影響による日々の疲れにより、気持ちに余裕がなくなることもありますが、他者を思いやる心を常に忘れないように心がけたいと思います。