同志社女子中学校・高等学校

女子部創立記念礼拝

2021/04/23お知らせ

同志社女子部は1876年10月、京都御苑内のJ.D.デイヴィス邸(旧柳原邸)に女子塾として開設され、1877年4月21日に同志社分校女紅場となり、1878年9月「同志社女学校」と改称されました。創立145年目となる本年は4月22日に、本校卒業生で元音楽科教諭の三好三恵子先生を講師としてお招きし、女子部創立記念礼拝を守りました。「『いついつまでもあなたと共に』~スタークウェザー宣教師のこころざし~」という奨励題で、同志社女子部の創立の時からお働きになったミス・スタークウェザーについて話していただきました。

アメリカン・ボードからの派遣により1876年に来日して以来、ミス・スタークウェザーは7年間で同志社女子部の基礎を築かれました。彼女は教壇に立ち生徒と寝食を共にし、厳格で生徒思いの先生として敬愛されていました。礼儀作法にとても厳しかった彼女ですが、毎晩生徒一人一人の名前を唱えてお祈りをされていたそうです。彼女が聖書の「互いに愛し合いなさい」という言葉を体現されたように、私たちも互いの存在を認め合い、尊重し合うことを常に忘れないように成長していきましょう。