同志社女子中学校・高等学校

収穫感謝の日礼拝を守りました

2020/11/16お知らせ

 11月13日(金)に収穫感謝の日礼拝を守りました。例年,前日に聖歌隊とハンドベルクラブによる賛美礼拝を守り,当日にはたくさんの野菜や果物を壇上に飾って礼拝を守ります。しかし,
 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で,賛美礼拝を行うことはできず,当日も野菜や果物を多く飾ることができない中での礼拝となりました。また,午後に行っている8ヵ所への施設訪問も今年度はできず,教員が野菜や果物を献金とともに施設へお届けするだけとなりました。
 礼拝では,日本基督教団南大阪教会牧師の尾島信之先生をお迎えし,「農はこれ,たぐひなき愛」と題して奨励をしていただきました。先生は,聖書の「種を蒔く人のたとえ」を例に挙げ,「どのような人の心にも神様は愛を注ぎ続け,見守り続けてくださっている」ということ,そして「私たちがその愛の種を育て,自分のことだけでなく隣人も大事に愛せるようになりたいものである」ということを語ってくださいました。世界的な脅威に不安を感じる毎日ですが,私たちに希望を与えてくださるメッセージをいただきました。