• HOME
  • こむらさき通信

テストの日朝8時の校内

2021.02.27

 

 

 

学年末試験の2日目です。

普段ならWRコース生しか登校しない

土曜日ですが、今日は全員が登校。

 

 

 

 

 

 

8時30分が登校時刻の本校では

8時15分頃が登校のピークタイムです。

(次年度より8時25分登校となります)

 

 

 

 

 

 

試験中は電車の遅れ等に警戒してか、

普段よりやや早めに学校に着くように

登校してくる生徒が多いようです。

 

 

 

 

 

 

早く登校してきた生徒たちは

友達と一緒に今日の試験科目の

最終確認に余念がありません。

 

 

 

 

 

 

9時10分から1時間目の試験が始まりました。

今日も無事に乗り越えられたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学年末試験開始です

2021.02.26

 

 

 

 

今日から今年度最後の定期試験となる

学年末試験が始まりました。

 

 

 

 

 

 

生徒たちが下校した放課後を利用して

教員のiPad活用研修会を行いました。

 

 

 

 

 

 

本校では次年度の新入生から

一人一台のタブレットを導入し

授業や家庭学習での活用が本格化します。

 

 

 

 

 

 

これまでにも様々な教科の授業で

貸出用のタブレットを活用してきましたが、

さらに活用の幅が増えていきそうです。

 

 

 

 

 

 

そのためにもまずは先生たちが

タブレットに慣れる必要があります。

デジタルネイティブ世代の中高生に

負けないように先生も頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業最終日

2021.02.25

 

 

 

朝の空気には冬の冷たさを感じましたが、

日中の暖かさからは少しずつ季節が

春へと進んでいることを感じる1日でした。

 

 

 

 

 

 

本校では明日から学年末試験に入ります。

各教室での授業も試験に向けての

最後の追い込みといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

中2と中3の教室ではいずれも

数学の授業が行われていました。

試験までに1問でも多く練習して、

実力をアップしたいところでしょう。

 

 

 

 

 

 

中1の社会ではグループ発表を行いました。

北海道の観光ツアーを企画し

プレゼンテーションを行います。

 

あらかじめ作成したスライドを投影し、

魅力的な旅を提案していきます。

 

 

 

 

 

 

発表が終わるとgoogle classroomに

配付されているアンケートフォームで

発表の評価を互いに行いました。

 

 

 

 

 

 

今年度の正規の授業は今日で終了。

コロナ禍での1年ではありましたが、

生徒たちは忍耐強く学び続けました。

またICTの活用も進んだことで

学習の遅れもなく授業を終えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト前の放課後

2021.02.24

 

 

 

今週の金曜日から学年末試験が始まります。

試験前ということでクラブ活動もなく、

放課後の校内は普段より静かです。

 

 

 

 

 

 

試験前になると学校に残って

試験に向けての勉強を進める

生徒の姿を見ることができます。

 

 

 

 

 

 

特に希望館にはアトリウムや

教科のメディアコーナーなどに、

自由に使える机やいすがあり

生徒たちに活用されています。

 

 

 

 

 

 

もちろん図書・情報センターも

試験前には自習スペースとして

生徒たちに人気のある場所です。

 

 

 

 

 

 

ただいつもの試験前に比べると

今回は校内に残る生徒が少なく、

静かな放課後となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2広島ポスター展

2021.02.22

 

 

 

今日も昨日に続き暖かな1日でした。

日中は春本番といった感じでしたが、

この暖かさで花粉の飛散も多かったですね。

 

 

 

 

 

 

さて静和館2階の高2フロアでは

廊下の掲示板に広島ポスターが

掲出されています。

 

 

 

 

 

 

本校では高校の修学旅行で沖縄を訪れ

平和について考える時間を持ちますが、

昨年に続き今年も沖縄行きは中止。

 

 

 

 

 

 

今年は代替案として広島への

日帰り旅行の日程が計画され、

生徒たちが広島の観光地や名所

あるいは歴史や食文化について調べました。

 

 

 

 

 

 

いずれも力作ぞろいで生徒たちの気持ちも

すっかり広島へ向かっていたところでしたが、

新型コロナの再度の感染拡大の状況を受け、

広島修学旅行も幻となりました。

 

 

 

 

 

 

中学2年生も長崎への修学旅行に代わり

第二次世界大戦後の引き揚げ港となった

舞鶴への日帰り旅行が計画されましたが、

同様に中止となってしまいました。

 

 

 

 

 

 

楽しみにしていた修学旅行が中止となり

生徒たちは残念な思いだったと思います。

 

それでも両学年ともこれまでに長崎や沖縄と

オンラインで接続しての平和講和を実施し、

戦争を直接体験した方のお話を通して

平和の大切さを学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校入試合格者招集日

2021.02.20

 

 

 

春を思わせるような暖かな日差しの中、

先週実施した高校入試に合格した

27名が登校しました。

 

 

 

 

 

 

体操服と白衣の採寸、申込の後、

4月からの教材などが配付され、

入学前課題の説明などを行いました。

 

 

 

 

 

 

初めは堅かった教室の雰囲気も

出身中学や所属していたクラブ、

趣味などについて自己紹介を行うと、

次第に打ち解けてきて

帰り際には連絡先を交換するほどに。

 

 

 

 

 

 

本校の中学校から進学する生徒と共に

4月からは同志社女子の一員として、

新たな空気を吹き込んでくれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のホームルーム

2021.02.18

 

 

 

今日も厳しい寒さとなりました。

日中もあまり気温が上がらず

生徒たちも縮こまっていました。

 

 

 

 

 

 

さて今日のホームルームの様子です。

冷たい北風にも負けずグラウンドに

集まってきたのは高校2年生です。

 

 

 

 

 

 

クラス対抗の大縄跳び大会です。

でもやっぱり寒かったですね。

 

 

 

 

 

 

ちょうど同じころに体育館では

高校1年生が大縄跳びに挑んでいました。

クラス一丸となって取り組む

最後のイベントとなるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

中学生はKDDIの方にお越しいただき

スマホ・ケータイ教室を実施しました。

1年生が栄光館講堂に集まり、

2・3年生は教室で配信映像を視聴しました。

 

 

 

 

 

 

多くの生徒がスマホを持つ状況ですが、

使い方によっては危険な状況に

巻き込まれる可能性もあるということで

安全に使用するための心構えを

教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業を前に

2021.02.17

 

 

 

雪の朝を迎えました。

積もるほどではありませんでしたが、

生徒が登校してくるころには

けっこうしっかりと降っていました。

 

 

 

 

 

 

さて今朝の礼拝は高校2年生が

栄光館のチャペルに入りました。

 

 

 

 

 

 

1学年だけがチャペルに入って

前後左右の間隔をあけて着席して

礼拝を守るスタイルもすっかり定着。

 

 

 

 

 

 

今日の礼拝では卒業式を目前に控えた

高校3年生の宗教部員の生徒たちが

同女生活を振り返って話をしてくれました。

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の下で様々な制約がある中で

過ごした高校3年生の1年間が

かけがえのない充実した時間となったこと、

自由な校風の中で様々なことに

チャレンジできた学校生活だったこと、

苦しいことや辛いことがあっても

友人や先生そして聖書の言葉に支えられて

試練を糧として成長できた6年間だったことを

自分自身の言葉で語ってくれました。

 

 

 

 

 

 

卒業を前にした高校3年生だからこそ語れる

深く温かいメッセージばかりでした。

高校2年生以下の下級生たちの心にも

しっかりと届いていたことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化週間クラブ展示2

2021.02.15

 

 

 

2月も3週目に入りました。

そろそろ学年の終わりを意識する、

そんな時期に差し掛かってきました。

 

 

 

 

 

 

さて先週から続いている文化週間に

参加している文化系クラブの作品を

紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

地歴クラブは世界のゲームについて

調べたことを発表しています。

ステイホームが叫ばれたコロナ禍において

世界中でゲームが流行っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

色とりどりの鮮やかなイラストを

展示しているのはコミッククラブです。

 

 

 

 

 

 

部員の作品を集めたイラストブックの

最新号も配布されています。

 

 

 

 

 

 

こちらもコミッククラブ・・・、

ではなく文芸クラブが作成する

部誌「金木犀」の最新刊です。

 

 

自分の好きなことに打ち込んでいる様子が

それぞれのクラブの作品から

伝わってくる文化週間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創立者生誕記念日

2021.02.13

 

 

昨日2月12日は同志社創立者である

新島襄の生誕記念日でした。

 

 

 

 

 

 

本校でも創立者生誕記念礼拝を守り

同志社女子大学の中村信博先生に

お話しをしていただきました。

 

礼拝についての詳細はTOPICSの

創立者生誕記念礼拝を守りました

の記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

新島襄は1843年の2月12日に

江戸にあった安中藩屋敷にて生まれ、

七五三太(しめた)と名付けられました。

 

 

 

 

 

 

さてこの創立者生誕の季節は

梅の花の咲く季節でもあります。

 

 

 

 

 

 

同志社にかかわる人たちの間では

創立者新島襄が遺した次の「寒梅」の句や

 【真理似寒梅(真理は寒梅に似たり)

  敢侵風雪開(敢えて風雪を侵して開く)】

漢詩「庭上一寒梅」がよく知られていて、

梅の花に親しみを覚える人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

同志社今出川キャンパスの梅の木も

近づく春の訪れを予告するように、

「百花の魁」としてその花を咲かせています。

 

 

※2月9日付朝日新聞天声人語にも

「庭上一寒梅」が取り上げられていました。